営業職は毛深い手だと印象悪いかもね

手の甲と指まで毛が生えている、そういった悩みを抱えている営業職の人には、指毛脱毛をおすすめすることができます。

 

この脱毛方法は繊細な手に特化していて、痛みや仕上がりを気にすることなく受けられるのが魅力的です。

 

また、脱毛完了後はお手入れの手間がなくなりますから、手の印象改善と手間の解消という、一石二鳥の結果が得られます。

 

気になるのは回数や料金ですが、5回までの指毛脱毛で自己処理が不要になったり、数万円程度で済むコスト的なメリットもあります。

 

前者のポイントは回数の少なさで、早ければ3回、遅くても5回目の施術で毛の伸び方に明らかな変化が現れます。

 

つるつるまでにはなりませんが、それでも平均的な毛の濃さになるのが変化が得られるでしょう。

 

1回あたりの所要時間は短く済みますし、指毛脱毛を受ける回数が少なくコストが抑えられるので、つるつるを求めないならこれで十分です。

 

指毛脱毛で徹底的につるつるを求める場合は、最低でも1年は継続的に指毛脱毛を受ける必要があります。

 

回数としては最大でも8回程度で、早く変化が現れる人なら5回位で済みます。

 

実際の回数や変化の出やすさは、人それぞれ異なるメラニン色素の濃さによるものなので、その点には注意が必要です。

 

しかし、全身脱毛などに比べれば負担が少なく、気軽に受けられるのが指毛脱毛の良さなので、誰でもハードルを高く感じずに検討できるはずです。

 

肝心の脱毛の必要性に関しては、本人の毛深さであったり、毛の濃さが日常に与える支障の度合いによるでしょう。

 

営業職であれば、相手に与える第一印象が重要ですから、清潔感を感じさせる身嗜みを心掛けたいところです。

 

毛深さがイコール不潔というわけではないものの、毛の濃さでお手入れ状況が判断されることが少なくないです。

 

つるつる過ぎるのも考えものですが、毛深過ぎるのも良くありませんから、毎日のお手入れが必要で手間と感じている人なら、指毛脱毛の検討をおすすめします。