自宅で行うヒゲの脱毛

髭.ヒゲ.脱毛.自宅

近くにクリニックやメンズサロンが無い

ヒゲの脱毛をクリニックやメンズサロンでやる場合は、定期的に何度も通う必要があります。
自分の生活圏内にクリニックやメンズサロンが有れば通いやすいのでしょうが、地域によっては通える所に無い場合も有ります。
また、有ったとしても気恥ずかしさが優先してしまい、通うこと自体が躊躇われて行けない事もありますね。
ではその様な場合は自分でヒゲを処理するしかありません。
自宅で出来るヒゲの脱毛とはどのようなものなのでしょうか?

自宅で髭脱毛を行う方法は?
カミソリや電気シェーバーでの髭剃り

自宅で行っている方法の大多数が、カミソリや電気シェーバーなどを使用した「髭剃り」ですね。
カミソリも最近のものは刃の枚数が増え、刃の前後になめらかにな動きを補助するジェル付きのアタッチメントが付いたものや、ヘッドが肌に密着するように自在に動くものも出てきて、以前のものと比較すれば肌に負担をかけずに深剃りが出来るハイスペックな商品が出ています。
電気シェーバーも進化が目覚しく、より短時間に深剃りが出来て、水洗いやシェービングフォームと一緒に使用できる機種などもあります。
どちらも、肌への負担を軽減させて、より深い部分でヒゲをカットできるように配慮されて作られています。
ただ、カミソリや電気シェーバーは毛根からヒゲを抜く「髭脱毛」ではなく、肌から出ている部分のヒゲを切る方法なので脱毛ではなく「除毛」であるため、またヒゲがすぐに生えてきてしまいます。

家庭用光(フラッシュ)脱毛器

家庭用脱毛器のなかでもっとも種類が多く販売されているのが、光をヒゲに照射して脱毛する光(フラッシュ)脱毛器です。
光(フラッシュ)脱毛器は、一度の照射で広範囲に当てることが可能なため、短時間で済み痛みも抑えることができます。
消耗品として、照射部分のカートリッジを定期的に交換することが必要なため、本体とは別に費用がかかるので、購入を検討する際はカートリッジの交換頻度や価格を比較するようにしましょう。
また、中にはカートリッジ交換が必要ない機種もありますが、大抵使い切りで使えなくなったら廃棄するしかないものもあるので注意が必要です。

家庭用レーザー脱毛器

ダイオードレーザーの遠赤外線を使用した家庭用のレーザー脱毛器です。
脱毛効果は家庭用光(フラッシュ)脱毛器よりも高いと言われていますが、1回の照射範囲が狭いため広範囲にわたる脱毛部位には時間が掛かってしまいます。
また、本体は充電式のものが多く、500回程充電した後は使えなくなる場合があるのでコスト的にも割高感があります。
家庭用レーザー脱毛器は照射時に感じる痛みも家庭用光(フラッシュ)脱毛器よりも強いといわれていて、医療レーザー脱毛器では採用されている冷却装置も付いていないため、1回の照射ごとに脱毛部位を冷やしながら行う必要があります。

ワックス脱毛

ジェル状とワックスがシートに塗布されているものの2種類があります。
脱毛部分に塗ったり貼り付けて、その後一気に剥がすことで、毛がワックスに引っ張られて脱毛します。
毛抜きで1本1本抜く行為を、一挙に行うようなもので、毛を引っこ抜くだけなので後でまた生えて来ます。
剥す時に結構な痛みを伴う事があります。

除毛クリーム

除毛したい部分にクリームを塗布し、皮膚表面から出ている毛を溶かして取り除きます。
カミソリや電気シェーバーで剃るよりも、毛穴が目立たずにきれいな仕上がりになりますが、ワックスと同じく一時的な効果しかありません。

自宅で髭脱毛するメリット
掛かる費用が低い

メンズサロンなどでは施術代のほかに、入会金・消耗品などの追加料金や交通費が掛かる場合があり、総額で考えるとかなりの費用が必要となります。
自宅で髭脱毛をする場合、脱毛機や消耗品だけで済むので、費用はかなり低くなります。

好きなときに出来る

クリニックやメンズサロンに予約をして、何度も通う必要がなく、好きなときに脱毛をすることができます。
自分のスケジュールに合わせて予約が取れればいいのですが、人気の脱毛サロンやクリニックでは中々予約が取れないケースもあり、自宅での髭脱毛は忙しい方にとっては手軽に出来るので利便性が高いと言えます。

恥ずかしくない

メンズエステサロンに通うことに抵抗があるという方もいる事でしょう。
またスタッフが女性だと恥ずかしさも増してしまうこともあります。
ヒゲだけではなく、VIO脱毛ともなればさらに恥ずかしさは増してしまいますね。

自宅で髭脱毛するデメリット
綺麗にできない

自宅での髭脱毛は、自分で行うのでクリニックやメンズサロンと比べれば仕上がりに差が出ます。
鏡を見ながらでは中々上手く行かない事もあるでしょう。

クリニックやメンズサロンよりも時間が掛かる

メンズサロンで使用されている光(フラッシュ)脱毛器は、医療レーザー脱毛器よりもパワーが低いので脱毛効果が薄いと言われ1〜2年の期間が必要です。
家庭用光(フラッシュ)脱毛器や家庭用レーザー脱毛器は、それよりもさらにパワーが低いので脱毛効果を実感したり、脱毛が完了するまでそれ以上の期間が必要になるケースも考えられます。
費用は低く抑えられるかも知れませんが、その反面何年たっても脱毛が終わらないと言う事にもなりかねません。
自宅で行う髭脱毛は手軽に好きなときに出来ると言うメリットもありますが、時間がかなり掛かると言うデメリットもあります。

長引くと費用が嵩む

自宅でのヒゲ脱毛は費用が低く抑えられるメリットがありますが、中々脱毛が終わらず期間が長引けば長引くほど、脱毛器本体代や消耗品などの費用が嵩んでしまう事になります。
初期費用だけを考えれば費用はクリニックやメンズサロンよりも遥に低いですが、長期に渡れば費用が逆転する可能性も考えられます。

関連ページ

クリニックとメンズサロンどっちがいいの?
ヒゲ脱毛をするのに、クリニックとメンズサロンではどちらへ行けばいいのでしょうか?。
どうして髭脱毛は時間が掛かるの?
ヒゲ脱毛を始めたら半年から2年くらい掛かってしまう場合があります。何故そんなに時間が掛かるのでしょうか?。
髭脱毛で後悔しないために
せっかく決心してヒゲ脱毛したのに後悔してしまった。そんな事にならないようによく考えてヒゲ脱毛しましょう。